最近 neobundle から dein.vim へとプラグインマネージャーを変更してる人が増え始めたので便乗して私も変更してみたいと思います. ついでに Vim も NeoVim へシフトしてみたいと思います.

NeoVim

こちら の記事に日本語で詳しくまとめてあるので参考にしてください (まだまだ使いこなせてませんorz)

事前準備

NeoVim を使用する場合 .bash_profile.zshenv に次の一文を入れないと動かない場合があります.

export XDG_CONFIG_HOME="$HOME/.config"

インストール

macOS では Homebrew を使用するとても簡単です!

$ brew install neovim

他の環境の方は neovim の wiki に書いてあります

設定

NeoVim の設定ファイルである $XDG_CONFIG_HOME/nvim/init.vim に書きます. 標準では $XDG_CONFIG_HOME$HOME/.config となってます.

" reset augroup
augroup MyAutoCmd
	autocmd!
augroup END

" ENV
let $CACHE = empty($XDG_CACHE_HOME) ? expand('$HOME/.cache') : $XDG_CACHE_HOME
let $CONFIG = empty($XDG_CONFIG_HOME) ? expand('$HOME/.config') : $XDG_CONFIG_HOME
let $DATA = empty($XDG_DATA_HOME) ? expand('$HOME/.local/share') : $XDG_DATA_HOME

" Load rc file
function! s:load(file) abort
	let s:path = expand('$CONFIG/nvim/rc/' . a:file . '.vim')

	if filereadable(s:path)
		execute 'source' fnameescape(s:path)
	endif
endfunction

call s:load('plugins')

dein.vim

NeoBundle はオワコンだから dein 使おうと作者の Shougo 氏自身が reddit で発言したそうです.1 使ってみた感想としては速度も早くTOMLファイルで管理ができてとても使いやすかったです!

事前準備

python3 を使用してるプラグインを動かすため Homebrew を使用して事前にインストールします.

$ brew install python3
$ pip3 install -U neovim

設定

プラグインに関する設定は ~/.config/nvim/rc/plugins.vim に分割してるので自分の環境に合わせて見てください.

let s:dein_dir = expand('$DATA/dein')

if &runtimepath !~# '/dein.vim'
	let s:dein_repo_dir = s:dein_dir . '/repos/github.com/Shougo/dein.vim'

	" Auto Download
	if !isdirectory(s:dein_repo_dir)
		execute '!git clone https://github.com/Shougo/dein.vim ' . s:dein_repo_dir
	endif

	execute 'set runtimepath^=' . s:dein_repo_dir
endif

let g:dein#install_max_processes = 16
let g:dein#install_message_type = 'none'

if !dein#load_state(s:dein_dir)
	finish
endif

call dein#begin(s:dein_dir, expand('<sfile>'))

let s:toml_dir = expand('$CONFIG/nvim/dein')

call dein#load_toml(s:toml_dir . '/plugins.toml', {'lazy': 0})
call dein#load_toml(s:toml_dir . '/lazy.toml', {'lazy': 1})
if has('python3')
	call dein#load_toml(s:toml_dir . '/python.toml', {'lazy': 1})
endif

call dein#end()
call dein#save_state()

if has('vim_starting') && dein#check_install()
	call dein#install()
endif
" }}}

dein#begin 部分は rc ディレクトリも含めるためこのように書いてます

dein#load_state の箇所で finish してる部分は そのまま init.vim or vimrc に書くと動作がおかしくなる可能性があるため適切に if などを使用してください

プラグイン

インストールするプラグインをTOML形式で書きます

[[plugins]]
repo = 'Shougo/dein.vim'

repo = 'itchyny/lightline.vim'
hook_add = '''
	let g:lightline = {'colorscheme': 'wombat'}
'''

# Toml
[[plugins]]
repo  = 'cespare/vim-toml'

# Golang
[[plugins]]
repo = 'fatih/vim-go'

基本はこんな感じで遅延読み込みする方は次のように書きます

# dein.vim command
[[plugins]]
repo = 'haya14busa/dein-command.vim'
on_cmd = 'Dein'

python 関係の設定

# 補完
[[plugins]]
repo = 'Shougo/deoplete.nvim'
depends = 'context_filetype.vim'
on_i = 1
hook_source = '''
	let g:deoplete#enable_at_startup = 1
	let g:deoplete#enable_ignore_case = 1
	let g:deoplete#enable_smart_case = 1

	" <TAB>: completion.
	imap <silent><expr> <TAB> pumvisible() ? "\<C-n>" : <SID>check_back_space() ? "\<TAB>" : deoplete#mappings#manual_complete()
	function! s:check_back_space() abort
		let col = col('.') - 1
		return !col || getline('.')[col - 1]  =~ '\s'
	endfunction

	" <S-TAB>: completion back.
	inoremap <expr><S-TAB>  pumvisible() ? "\<C-p>" : "\<C-h>"
'''

Tomlファイルの位置や内容は自分の環境に合わせて使ってください!

ちなみに

dein.vim は neobundle みたいに各コマンドが用意してありませんが haya14busa/dein-command.vim を使うとコマンドを実行できるようになります!

最後に

いろいろ書かせてもらいましたがまだまだ vim も neovim も使い始めたばかりなので間違ってたところなどありましたらコメント等で教えて下さい

参考人させていただいた記事